ほぐし手一休<格安マッサージ>の突入レポート


なぜesxが健全店に?という方もおられるでしょう(笑)

そうです、私もつい最近までは全く無視していました。よく街を歩いていたり、郊外をドライブしていると看板が目に付きます。

「マッサージ60分2980円」ってやつです。もちろん税抜き表示ですので、実際には3220円です。それでも安すぎます。安すぎるゆえに完全に無視しておりました。たいしたことないだろう、と。

ほぐし手一休1

当方マッサージと言えば、チャイエス、または美人の撫子店。もちろんヌキ有りが前提で、そもそもマッサージやエステを受けに行く目的ではありませんでした。さらに最近では韓国デリヘル等に比重を置いていただけに、チャイエスからも遠ざかっていた状況です。

しかし最近になって、朝起きても眠い、疲れが取れない等。体調的に蓄積疲労の兆候があったため、ちょっと揉んで欲しいかな、と。エッチなチャイエスのあまり意味のないマッサージではなく、本格的なものはないのか?でもヌキなしにあまりお金は使いたくない(笑)、ということで、「そうだ、試しに格安マッサでも試してみるか!」ということになったのです。

予約必須の格安マッサージは人気だった


仕事場の近くをネット検索、いくつかヒットした。60分程度なら気軽だし、仕事中にも行ける。負担はない。たとえ失敗しても僅かに3000円だ。

そこで結構良さそうな店を発見し、電話を掛けた。しかし、なんと5時間先まで予約でいっぱいだという。まじか?そこは大変評判もよく、若い女の子のマッサージ師を多く、結構良さそうだった。指名や男女どちらかの指定もできるという。しかし時間が合わないので、そこは次回にして、「ほぐし手一休」に的を絞った。ここは指名はできないらしい。

ここは浦和周辺に何店舗かあるので、とりあえずいろいろ電話してみた。浦和西口店はものすごいかわいい声の明らかに若い女性が出た!!!しかし満員。東口店は空いていたが、声は30代の女性だった。悪くなかったが、当日のスケジュールの都合上北浦和店を選んだ。電話はちょっと年を感じる女性だったが、まあいいかと。まずはお試しと。

十分なマッサージ、癒しはないが。。。


とにかく格安マッサージは繁盛しているらしい。予約は必須だと感じた。

予約の5分前に到着。もともと簡素な作りであることはHPからわかっていた。

北浦和店ほぐし手

この写真はかなり綺麗に撮れている。実際はもっと殺風景だ。古いビルの一室に、全く手を施していない簡素な作り。ただベッドが置いてありカーテンで仕切られているレベルだ。

かるいミュージックがかかってはいるが、ライトダウンもなく、ほのかな灯りもなく、全く殺風景で癒しの空間は全くない。単にマッサを受けるだけ、といった簡素なものだ。安くてもちょっとは工夫が必要なはずだ。五感からくる癒しがストレスを和らげる。蛍光灯ではなくもっと暗くして、柔らかい照明での演出くらいはできるだろう。さらに壁紙は茶色に張り替えたって大したコストではない。

箱に関しては相当な手抜きを感じる店だった。

従業員をみてみる。40-50代の女性が二人、男性が二人、この日は4人のようだ。昔なら絶対に帰るところだったが、今日の目的はあくまでも治療的な要素。ここはそのままマッサージを受ける。

3220円を払い、着替える。運動用のゆったりめのショートパンツとTシャツを渡される。そしておばさん?に施術をしてもらう。

結構うまかった。まともなマッサージに体は復活


指圧専門だけあって、マッサージは的確で強さもグッド!ちゃんとしたまともで確実なマッサージだった。ツボを抑えており、チャイエスの適当な自己流の揉むだけ、とは全く違う、指圧理論に沿ったものであることが推測された。

しかしこんなに凝ってたとは。体調も悪くなるはずだった。結果とてもスッキリし、調子も良くなった。こんな値段でありがとうございます。という感じになる。本当にお得なマッサージだった。

エロ目的もいいが、定期的な体のメンテナンスは大切で、エロと治療を分けて両方が必要だと感じた。エロには少々お金がかかるので、こういう安い本格的マッサは大歓迎だ。5000円以上するカイロやら整体もあるが、大したことがないのが現状。体のメンテには格安マッサージがまさに最適だった。

ただ、ここはちょっと女性の年がいってるし、店の雰囲気もいまひとつなので、いくつか同じようなお店を探索してみようとおもう。体と同時に心も癒されたい。やはりなるべく女性で自分よりもだいぶ若い方がいい。若いエネルギーでマッサしてもらいたいものだ。

もしまあまあかわいい若い女性が見つかれば、安くメンテができるだけでなく、女に触れられる喜びも同時に堪能できる。指名できるお店でいくつか回って見つけてみよう、そう思った。